一般社団法人 日本ホワイトシェパード犬協会は日本のホワイトシェパードの血統管理および開発を通じて,社会貢献を行なっていきたいと考えております。

一般社団法人 日本ホワイトシェパード犬協会

JWSAについて

日本ホワイトシェパード犬協会のご案内

一般社団法人 日本ホワイトシェパード犬協会

「日本ホワイトシェパード犬協会」(Japan White Shepherd Association) は平成13年12月1日に設立されました。 当協会は、日本国内でのホワイトシェパードの血統管理、開発活用をし、社会貢献を目指す協会です。 また,平成21年8月21日付で一般社団法人化いたしました。

協会名称 一般社団法人 日本ホワイトシェパード犬協会
住所滋賀県大津市真野大野一丁目23-6
TEL077-575-6382
FAX 077-575-6382
MAILjwsa2016@yahoo.co.jp

協会の発足の経緯

ホワイトシェパードをより多くの人々の認知を獲得したいとの思いから,当時警察犬協会名誉審査員であった高橋出水氏に顧問になっていただき,日本のホワイトシェパードの資質向上のためのアドバイスを頂き,当時日本救助犬協会理事長であった小林二雄が中心となり発足いたしました。

日本のホワイトシェパードの血統管理および開発を通じて,社会貢献を行なっていきたいと考えております。

日本でのホワイトシェパードの状況

ホワイトシェパードは毛色が白のため、日本国内では犬種として公認されていません。 通常のジャーマンシェパードの毛色として公認されている国もありますが、日本では未だに公認されていません。 ホワイトシェパードは主にアメリカ系・ドイツ系に大別されますが、当協会はどの血統にも固執せずにホワイトシェパードの研究開発をしていきたいと考えております。

ホワイトシェパードはアルビノ(色素欠乏)とは異なります。(アルビノのホワイトシェパードもいますが) 骨格構成・訓練性能はジャーマンシェパードと同等です。おもしろい事実は、ジャーマンシェパードの原型とされる「ホーランド・フォン・グラーフラート」の祖父犬が白いシェパードであったということで、ジャーマンシェパードにある白のコートの因子は由緒正しい筋から受け継がれているといえます。

ホワイトシェパードは昔のシェパードの良いところを受け継いでいる、その良い血統を保持し更に開発・発展させていく事、そしてホワイトシェパードにもっと活躍の場を与えてあげるということが本会の最大の目的であり、願いでもあります。

ホワイトシェパード・スタンダード (2010年11月6日初版制定/2011年6月16日改訂) (PDFフォーマット)

入会案内

現在、ホワイトシェパードを飼育中の方のご連絡をお待ちしております。
また、お問い合わせ・新規入会申込等もお待ちしております。

役員一覧

  • 名誉会長 小林二雄 (埼玉県)
  • 代表理事 堀川敦志 (埼玉県)
  • 理事 千葉路子 (東京都)
  • 理事 前田一路 (北海道)
  • 理事 Missy Lee (U.S.ミシガン州)
  • 理事 徳重伸也 (鹿児島県)
  • 理事 清水ルリ子 (京都府)
  • 理事 瀬戸八州子 (京都府)
  • 理事 清水芳則 (長野県)
  • 理事 辻孝文 (愛知県)
  • 会計監査 白井千秋 (神奈川県)

決算書類

平成24年11月3日に開催された第3回総会において承認された平成23年度決算書類です。
平成23年度決算書類 (PDFフォーマット)
平成23年11月3日に開催された第2回総会において承認された平成22年度決算書類です。
平成22年度決算書類 (PDFフォーマット)

ホワイトシェパードブリーダーのみなさまへ

当協会のブリーダー規約はこちらからダウンロードできます。(MS Wordフォーマット)

ブリーダー登録抹消について

このたびブリーダー規約の遵守により,会員資格消滅に伴ないブリーダー登録も抹消されることになりました.詳細は「ブリーダー登録抹消犬舎リスト」をご覧下さい (2014/01/09)

JWSAとは

「日本ホワイトシェパード犬協会」(Japan White Shepherd Association, JWSA) は平成13年12月1日に設立されました。当協会は、日本国内でのホワイトシェパードの血統管理、開発活用をし、社会貢献を目指す協会です。また、平成21年8月21日付で一般社団法人化いたしました。
Top